職場内のコミュニケーションギャップを埋める

オフィス内でのコミュニケーションギャップはよくあることだ。 これは従業員の生産性に影響する。 さらに、スタッフのエンゲージメントや熱意に悪影響を及ぼし、仕事への不満につながっている。

世代間の違い、非効率的なコミュニケーションツール、さらには不健全な企業文化など、いくつかの要因が誤解を生む原因となっている。 この記事では、職場でのコミュニケーション・ギャップを埋める方法について、いくつかのポイントを紹介する。

職場内のコミュニケーションギャップを埋める_写真特集

アクティブリスニング

自分の順番が回ってくるのをさりげなく待っているだけでは、良いコミュニケーションの練習にはならない。 アクティブ・リスニングでは、相手の言っている言葉だけでなく、それを聞こうと意識的に努力する必要がある。

また、相手が伝えようとしているメッセージを完全に理解することも目指すべきだ。 言い換えたり、言われたことを繰り返したりすることで、相手が言ったと思うことを聞くのではなく、相手の考えを聞き取っていることを示すことができる。

その他のアクティブ・リスニングのテクニックには以下のようなものがある:

  • 会話中は他の行動を避ける。
  • 非言語的な合図に気づき、それを利用する。
  • 判断や助言を差し控える。

共感

共感は同情よりワンランク上だ。 シンパシーは、相手の感情を自分の視点から理解するときに起こる。 一方、共感とは、相手の視点から相手の感情を感じることである。

EY USコンサルティングによる2023年の調査によると、従業員の87%が、包括的な環境の醸成には共感が不可欠であると回答している。 インクルージョンは従業員に帰属意識を与える。 組織レベルに置き換えると、より健康的な職場環境、より良い成果、欠勤の減少につながる。

コラボレーションとチームワーク

共通の目標を達成するために他者と効果的に協力することは、会社の成長だけでなく、従業員自身の人間的成長にも役立つ。

業務連絡先リストのような情報の共有は簡単であるべきだ。 信頼できる連絡先管理アプリがあれば、この目標を達成できる。 その他の資産や資源も、十分なクリアランス・レベルを持つ者が容易にアクセスできなければならない。

各チームメンバーがどのように自分の考えを表現し、意見を述べ、対立を解決するかといった社会的行動を知ることは、効果的な共同作業を行うために不可欠である。

続きを読む連絡先管理はどのようにコラボレーションを助けるか

フィードバック

顧客からのフィードバックは製品の改善に寄与する。 これは企業内文化の向上にも応用できるだろう。

会社の新旧の方針について従業員に意見を求めることは、経営システムの改善に役立つ。 管理職も一般社員も、どのようなレベルのコミュニケーションであれ、フィードバックを受け入れる風土を醸成することは、成長の機会となる。

職場内のコミュニケーションギャップを埋める_フィードバック

オープンマインド

オープンマインドはフィードバック文化を補完する。 可能性にオープンであることは、職場で提示されたアイデアをことごとく却下するよりもずっと前進する。

その話題についてすでに心を決めている同僚と話すことは、歓迎される職場環境を阻害する。 偏見や遠慮がちな判断にとらわれず、さまざまな視点を考慮する能力は、人間関係や創造性、問題解決能力の向上に役立つ。

誠実さ

混乱した状況で正直な答えを見つけるのは、特に大きな遅れや資源の浪費を引き起こす場合は厄介なものだ。 しかし、経営陣がミスをある程度許容していることを従業員が知っていれば、何か問題があったときに安心して名乗り出ることができるだろう。

その結果、経営陣がいつも問題に正面から向き合わず、隠蔽したり無視したりしているのを見たスタッフは、自分も同じことをしてもいいのだと思うようになるかもしれない。 マネジャーは、従業員を気遣い、誠実であることを示すために、直面している問題や犯した過ちをオープンにしなければならない。 特に、舞台裏で何が起こっているのかわからない遠隔地の従業員にとっては、これは大きな意味を持つ。

機転

残忍な正直さが必ずしも役立つとは限らない。 タクトの中心は、他者を理解し、他者の意見、信念、考え、感情に敏感であることだ。

不快な感情的反応を呼び起こすことなく、直接的なメッセージを伝える方法を学ぶことで、オフィス内のコミュニケーションギャップが少なくなる。 機転を利かせるとは、正しいことを言うだけでなく、適切なタイミングを計ることも含まれる。 難しいニュースを伝えるとき、大げさな頼みごとをするとき、ある種の批評をするときなどに便利だ。

適応性

トニー・アレサンドラ博士との共著『プラチナ・ルール』の著者であるマイケル・オコナー博士によれば、適応力は2つの部分に分けて見ることができる。 第一は柔軟性で、適応しようとする意欲だ。 もうひとつは適応能力だ。

適応力とは、必ずしも自分を変えることを意味しない。 それよりも、状況に合わせてコミュニケーションの方法を調整することだ。

さまざまなコミュニケーション・スタイルに関する有益な指摘:

  • 自己主張の強い人:相手の話を遮らないようにする。 積極的に耳を傾け、注意深く見て、気を散らさないこと。
  • 攻撃的な人たち:冷静さを保つ。 アイコンタクトを保ち、コンプライアンスを要求しない。
  • 受動的な人たち:率直であれ。 アイデアをすぐに否定することは避ける。 対立を避けて心を開いてもらうためのビジネスツールを用意する。

続きを読むGoogleコンタクトにコメントする方法

  • 消極的:直接質問をして、彼の目的を明確にする。 他の人と一緒に行動することで、会話に対する別の視点を得ることができる。 期待される結果について、明確な期待と境界線を設定する。
  • 人を操る:率直で粘り強く、自信と強さを示す。 ゴールに集中し続ける

ボディランゲージ

コミュニケーションは話し言葉だけではない。 心理学教授のアルバート・メヘラビアンはその著書『Silent Messages』の中で、ボディランゲージ55%、声のトーン38%、話し言葉7%という数字を明記している。 状況はさまざまで、スピーカーの心理的性質も一様ではないため、この数字にはいくつかの争いがあった。

しかし、話しているときも聞いているときも、ボディーランゲージに気を配ることが重要であることに変わりはない。 肩を開き、リラックスし、前傾姿勢でいることは、参加していること、本当に話を聞いていること、アイデアを受け入れていることを示す。一方、腕組みをし、背もたれに寄りかかることは、よそよそしく、参加していないこと、新しいやり方を受け入れていないことを示す。

職場内のコミュニケーションギャップを埋める_ボディランゲージ

コミュニケーション・ギャップを避けるために善意を示す

政策課題を議論する際、親善を示すことは難しいかもしれない。 その結果、議論は白熱し、より論争が深まる。 経営者も従業員も、いつしか客観性を失いがちだ。

ディベート中に好意を示すために、これらの戦略を使う:

  • 敬意を払え。 たとえ他人の意見に同意できないとしても、それを否定する必要はない。
  • 個人攻撃は避ける。 トピックに関して反対意見がある場合は、発言者に対して個人攻撃をするのではなく、実際の問題に焦点を当てましょう。 他人の資格やプロ意識に関するあなたの懸念は、適切に扱われなければならないが、議論の中心にすべきではない。
  • 共通の土台を求める。 談話の中には、強調するに値する一致点があるかもしれない。 こうすることで、参加者が自分の意見と違うと感じたときに、面目を保つことができる。

プレゼンテーション

ディスカッションのなかには、視覚教材を使ったものもあった。 プレゼンテーションでは、明確で魅力的な資料を提供できるようにする。 また、簡潔で長い段落は避けるべきである。 アウトラインは、主題の連続性を把握するのに役立つ。

発表者は十分な準備をし、質問を歓迎しなければならない。 聴衆とアイコンタクトを保ち、ただスライドを読み上げるだけではいけません。

文書コミュニケーションにおける明瞭さ

リモートオフィスが一般的になった今、文書によるコミュニケーションはこれまで以上に重要な役割を果たしている。 オフィスのメモ、最新の業務連絡先リスト、その他の文書は、適切な権限を持つ人が簡単にアクセスできなければならない。

クラウド共有ファイルツールを活用し、リビジョニングの問題を減らす。 複数のバージョンがあると混乱し、チームに余計なストレスやフラストレーションを与えることになる。

効果的なコミュニケーションはビジネス成功の鍵である。 したがって、有能なコミュニケーション・システムは、企業の知識ベースを増やし、チームワークの文化を育み、組織全体でコラボレーションを円滑に行うことを可能にする。

結論

効果的なコラボレーションのためには、コミュニケーションギャップを埋めることが重要である。 明確でオープンな対話を促進することで、多様な視点が融合し、理解と相乗効果が育まれる。 このプロセスには、前述のテクニックのなかでも、積極的な傾聴、共感、コミュニケーションスタイルの適応が必要である。

ブリッジングを成功させることで、人間関係を強化し、誤解を最小限に抑え、目標の共有とイノベーションを助長する調和のとれた環境を培うことができる。

連絡先を共有する準備はできましたか?
15日間、無料でお試しいただけます。 クレジットカードは不要です。

Related Posts

ネットワーキングを成功させるための強力なツール

ネットワークは、ビジネスだけでなく、私たちの生活の中で最も重要な慣習の一つとなっています。 組織や自分にとって重要な人との関係を維持し、人脈を構築するためには、常に他の人とコミュニケーションを取り、人脈を広げる必要があります。 そして、このエンゲージメントは、オフラインの世界だけを見ているわけではありません。 特に、Facebook、Google+、Twitter、Linkedinなどのソーシャルネットワークが台頭してきたことで、その傾向が顕著になっています。 デレク・コバーンはファイナンシャル・アドバイザーであり、1998年から経営に携わり成功を収めている。 コバーン氏は、自身のウェブサイトに、「あまり伝統的でないネットワーク戦略を使い始めた」と書いています。この戦略には、彼の最高の顧客とそのトップアドバイザーで構成される「非公式なネットワーク・グループを作ることも含まれていました」彼の収入を3倍にし、彼のビジネスと彼の人生の質を向上させました。 従来のネットワーキングはもう通用しない…。 コバーン氏は著書の中で、「従来のネットワーキングはもう通用しない」と説いている。 21世紀の成功したビジネスパーソンにとって、大規模なネットワークイベントとそこから生まれる名刺の山は、時間と貴重な資源の無駄遣いになっています。 ネットワーキングは、直接顔を合わせることなく、さまざまなソーシャルメディアネットワークで行われることが多くなっています。 (2020年のコメント – 世界的なパンデミックにより、私たちは皆、コンピュータの画面に釘付けになり、家で孤立してしまったのでなおさらです)。 つまり、ネットワークとは、人間関係を構築しようとする人間の探求心なのです。 今こそ、ネットワークに新しい、モダンなアプローチが必要です。 でも、これって「連絡先共有 for Gmail®」とどんな関係があるんだろう? Shared Contacts for Gmail®は、組織全体またはあらゆるGmailユーザーと連絡先グループを共有するための最もシンプルなソリューションです。 連絡先、グループ、共同作業者の数に制限がないため、ユーザーは共有の恩恵を受けることができます。 バージニア州北部の金融顧問会社Glassman Wealth Servicesの創設者兼社長であるBarry Glassman氏は、Forbes.comにCoburn氏の著書についてレビューを寄稿している。 そのレビューの中で、人脈作りを成功させるための完璧な例として、次のように言及しています。「ニュースレターを送るなら、適切で興味深い情報を提供し、過度に自己宣伝しないことにこだわること。そうでなければ、人々の受信箱を詰まらせることは、益となるよりも害となるであろう。” Gmail®の共有連絡先で、コミュニケーション改善に専念できるようになる Shared Contacts for Gmail®は、自分のグループを整理し、含まれる人の種類によってグループを分類するのに役立ちます。 これにより、ターゲット層にとって価値のある関連情報を送ることができます。 さらに良いのは、同僚全員があなたのコンタクトに関する知識を共有することで、より強いつながりを作ることができることです。 コンタクトレコード上でコメントや最新情報を共有できることを想像してください。 これにより、組織内の全員がそのコンタクトの最新情報を持つことで、社内の全員がその情報を持ち、共に進歩することができるのです。 Rebecca Johnsonはマーケティングとイノベーションのエグゼクティブで、このアプリのユーザーでもあります。 Shared Contacts for Gmail®は、「シンプルかつパワフルなインターフェースを持っています。私たちは多くのグループと連絡先を持っており、ユーザーは最新の情報を保つことができ、とても満足しています。私たちの生産性にとって大きな価値です。”

Read more

BetterCloud 共有連絡先:非推奨後もスムーズな連絡先管理を継続

まだご存じないかもしれないが、SaaS管理プラットフォームBetterCloudは、連絡先共有機能を廃止すると発表した。 その理由は、2022年1月1日をもって、Googleが旧来の連絡先共有APIのサポートを終了するためで、BetterCloudは新APIへのアップグレードは行わないとのことです。 しかし、Googleの連絡先共有にBetterCloudを使用していた場合、問題に直面していることを意味します。 今回は、BetterCloudに代わる選択肢をご提案するとともに、この変更後も組織で円滑な連絡先共有・管理を継続するために必要なステップをご紹介します。 続きを読む 連絡先共有とは何か、なぜ重要なのか? いったい何が起こるのか? BetterCloudは、管理者が技術的なタスクを自動化し、ユーザーのデータのセキュリティを管理するためのSaaS管理ツールという本業に集中することにしました。 これまで多くのユーザーが連絡先の管理や共有だけに利用してきたが、前述の通り、近々これができなくなる。 実際には、2022年1月1日以降、BetterCloudを利用する組織には、以下のような制約が発生します。 単純な結果、あなたの組織はすぐに進化しないコンタクトベースを持つことになり、多くのデータはすぐに古くなってしまうでしょう。 連絡先の共有機能が機能しなくなり、チーム内の誰かが共有されている連絡先を更新しても、その変更は他のユーザーと同期されず、連絡先を一つ一つ手動で更新することに戻ります。 今回は、連絡先を一元化して安全に管理するために、BettercloudからShared Contacts for Gmail®にスムーズに移行する方法を紹介します。 続きを読む コンタクトマネジメントのショートガイ Shared Contacts for Gmail®で何が変わるのですか? このグラフは、BettercloudからShared Contacts for Gmail®に移行した後の連絡先管理業務の改善点をよりよく理解するためのものです。 BetterCloud / Shared Contacts for Gmail® 比較表 ベタークラウド Gmail®の共有連絡先 ウェブダッシュボード はい はい 同期について へ Google連絡先ラベル 48時間ごと 即時 コンタクトのグループ名 “タグ” “ラベル “または “連絡先リスト” きめ細かい権限設定(閲覧のみ、編集可、削除可、共有可) はい はい GoogleContactsからの同期(正規ユーザー向け) ノー 即時(Chromeの場合)その他、1時間に3回 重複するコンタクトの自動マージ […]

Read more

コンタクトマネジメントがもたらすコラボレーション

チームコラボレーションには、さまざまなスケールがあります。 これは、チームとのコミュニケーションから、プロジェクトの管理、共同制作まで多岐にわたります。 デジタル時代に突入した今、コラボレーションを含むあらゆる仕事を容易にするさまざまなツールが利用できるようになりました。 連絡先管理もそのツールの一つです。 コンタクトマネジメントは、人物に関するデータを一元管理するものです。 そのデータは、電話番号や電子メールアドレスといった簡単なものから、マーケティングキャンペーンに大いに活用できる個人の嗜好まで、多岐にわたります。 連絡先管理システムを組織に導入することで、チームワークを強化することができます。 これは生産性にもつながり、さらに 連絡先の同期で時間短縮 ほとんどの時間は、時間単位ではなく、分単位で無駄になると言われています。 このシナリオを見てみましょう。ジョンは、新しくオープンしたジムの見込み客を見つけるために現場で働いています。 連絡先を集め、タブレットの表計算ファイルに保存している。 そして、一日の終わりに、それをハンナに転送する。 そして、翌日にはマーケティング用のEメールやSMSを送信する。 それらのメールアドレスをデータベースからメールの受信者欄にコピーペーストする作業は、1件あたり15秒しかかからないかもしれません。 残念ながら、これは1年で数百時間に相当する。 その時間を使って、もっと顧客を見つけることができたはずだ。 連絡先管理アプリを使えば、ジョンさんはタブレットで連絡先としてデータを入力するだけでいいのです。 連絡先が同期されているので、ハンナは自分のワークステーションからすぐにアクセスすることができます。 今では、宛先の欄に1~2文字入力するだけで、あとは自動入力に任せているそうです。 繰り返しの作業を省くことができます。 会社案内を一元管理することで、重複した連絡先を排除することができます。 これにより、収納スペースを節約することができます。 また、同じ項目を再度入力する手間を省くことができます。 さらに、同じコンタクトに同じマーケティング資料を2回送ることも防げます。 先ほどの例の続きで、新しくオープンしたスポーツジムのビジネスについて考えてみましょう。 ジョンが作成した名簿をもとに、ハンナはさらにプロモーション資料を送付した。 すると、メンバーシップを担当する別のメンバー、ルーカスは、連絡先リストに連絡先を再入力する必要がなくなったのです。 彼は単に特定のクライアントのラベルを「フォローアッププロモーションメール」から「メンバーニュースレター」に変更するだけでよいのです。 ハンナもルーカスも、データ入力に時間を取られることなく、正しいメールを送ることに専念できるようになりました。 経済的かつ効率的なコラボレーション スタンドアローンの連絡先管理アプリは、CRMの10%のコストです。 実際、CRMは分析、予測、さらには自動化されたワークフローなど、より多くの機能を提供しています。 それでも、主な機能が連絡先管理であることは否めません。 スタートアップ企業や小規模企業にとって、CRMにすぐに投資することは、予算的にベストではないかもしれません。さておき 、小さな会社でシートあたり約10ドルから 、あなたはまた、それらのユーザーのトレーニングに加えて、ソフトウェアのオンボーディングコストを支払う必要があります。 メモやカスタムフィールドを追加したり、同僚をタグ付けして連絡先に関するミニチャットを行うこともできるため、潜在顧客や既存顧客に関するデータを統合するのに有効です。 逆に言えば、その人のことをよく理解していることになります。 そのため、クライアントのニーズに合わせたコラボレーションが可能になります。 これは、お客様のロイヤリティや良いビジネスにつながるかもしれません。 これらのメリットを実感していただくために、今すぐShared Contacts for Gmail©の利用を開始しましょう。 生産性を高める方法。15人の専門家によるアドバイス 営業成績を把握するための6つのヒント 退職時に連絡先をエクスポートする方法

Read more

連絡先管理アプリのメリット

コンタクトマネジメント(CM)とは、個人やグループが連絡先を管理するためのシステムです。 最近では、携帯電話のアプリやパソコンのソフトなど、電子的に提供されることが多くなりました。 しかし、ほとんどはスプレッドシートを共有して使っている。 顧客や従業員の連絡先を一元管理するために、クラウドオプションを検討しているところもあります。 今回は、連絡先管理がビジネスだけでなく、個人にとってもどのようなメリットがあるのかに取り組みます。 連絡先の整理 多くの場合、連絡先はアルファベット順に表示されます。 最近追加した人を探すのに単純にスクロールダウンするだけでは、圧倒されてしまうかもしれません。 名前が思い出せないだけで、見れば思い出すと思います。 しかし、何千ものコンタクトがある場合、それはフラストレーションになります。 さらに悪いことに、経理部の「ローズ」が来るかもしれないが、材料の仕入先の「ローズ」が欲しいかもしれない。 間違った相手にメッセージを送ると、複雑な反応を示すことがあります。 これは、メッセージが無視されたり、プロフェッショナルではないと判断されたりすることもあります。 連絡先管理アプリでは、連絡先をラベルにグループ分けすることができます。 連絡先を区分けすることで、電話帳がごちゃごちゃした印象になるのを防ぎます。 個人の連絡先が社内の会社や顧客リストとごちゃごちゃになることはもうないでしょう。 CRMに接続する 顧客関係管理ソフトウェア、または単にCRMは、基本的な連絡先管理から進化してきました。 現在では、ほとんどのCRMにリード管理、ワークフロー自動化、レポート/分析などの機能が追加されています。 しかし、それらの機能は決して安いものではありませんでした。 CRMの価格は、中小企業では1シート12ドルから、企業では1ユーザー800ドルまでと幅があります。 さらに、トレーニング、統合、導入など、CRMの真のコストについても知っておく必要があります。 スタンドアローンの連絡先管理アプリは、CRMを節約するのに役立ちます。 チームメンバーは、連絡先管理アプリケーションを通じて、会社の顧客データベースにアクセスすることができます。 これにより、企業はCRMの月会費を節約することができます。 また、そのような従業員にCRMを使用させるためのトレーニングに必要な時間や費用も不要になります。 ただ、CRMと統合された適切な連絡先管理アプリを選択することを確認してください。 お金に見合う価値をもたらすもの、使いやすいもの、検討してみてください。 すべてのメッセージングアプリの連絡先ディレクトリを一元化 現在、市場には何百ものメッセージングアプリが存在します。 メッセージングアプリのインストール数は、連絡先データベースの数と同じです。 すべての連絡先ディレクトリをリンクできるCMアプリを優先する。 例えば、仕事で出会った相手の連絡先を携帯電話に保存していたとします。 後日、デスクトップから彼にメールを送りたいと思うでしょう。 優れたCMアプリは、すべての連絡先を一か所にまとめてくれる。 しかも、さまざまなデバイスやメッセージングプラットフォームからのアクセスを可能にします。 生産性の向上 連絡先1件のコピーペーストは数秒しかかからないかもしれません。 この操作を数百のコンタクトに対して行うのですが、一日に数分しかかかりません。 しかし、これでは1年間で数百分の無駄な時間が発生してしまいます。 適切なCMアプリは時間を節約してくれます。 メッセージングプラットフォームから複数のコンタクトデータベースを手動で更新する代わりに、実際の仕事をすることができます。 より効率的なコラボレーション チームメンバー全員が連絡先を共有することで、より迅速な情報交換が可能となり、より良いコラボレーションが実現できます。 お客様と接する様々なチームメンバーが収集したすべての情報を集約する。 これにより、リードの優れた洞察力が得られ、ひいては販売につながるかもしれません。 誰でも社内の誰とでも連絡が取れるようになれば、それなりのメリットがあるはずです。 例えば、オフィスの天井から雨漏りがしたとします。 わざわざ保守事務所に出向く必要も、どこかに貼ってある電話番号を探して連絡する必要もない。 連絡先の詳細は、自動的にあなたのコンピューターに保存されます。 クライアントとのやり取りを簡単に記録 良いCMアプリは、チームのメンバーがその顧客に関するすべての知識を入力することができます。 連絡先の電話番号や名前の肩書きだけでは十分でないこともあります。 連絡先情報の下にメモやコメントがあれば、お客様と接するチームの全員がお客様の好みを知ることができます。 また、重要な情報を記憶しやすくなります。 […]

Read more