#Googleの連絡先

ブログの記事です:GoogleコンタクトのメモとGmailの共有コンタクトの比較 コメントする

メールを送るのも、電話をかけるのも、以前より便利になりました。 電話番号を覚えてダイヤルするような時代は終わりました。 分厚いイエローページや印刷された電話帳は、完全ではないにせよ、ほとんど時代遅れになっています。 多くの場合、電子メールやSMS、その他のメッセンジャーアプリケーションなど、メッセージングプラットフォームに直接アクセスして、テキストを入力し、宛先の最初の数文字を受信者のフィールドに入力するだけです。 この便利さを実現したアプリについては、ほとんど注目されていません。 しかし、デジタル電話帳の仕組みについて詳しく知ることで、その使い勝手を最大限に高めることができます。 Google Contactsは、最近最も人気のあるデジタル電話帳の1つです。 Googleサービスのコアアプリケーションとして、プラットフォームを超えて広く利用されています。 連絡先や、生年月日、所属会社などの個人情報のデータベースとして機能します。 先ほどのカテゴリーとは別に、Google Contactsにはメモ機能があります。 これにより、ユーザーは、主要な連絡先情報フィールドのいずれにも属さない、いくつかのテキストを添付することができます。...

Google連絡先からのメールマージ

Flashissueで複数のメールを一度に送信する方法 Shared Contacts for Gmail®では、生産性と使いやすさをさらに向上させるために、Googleワークスペース内で使用できるその他の製品をご紹介しています。 私たちは、Shared Contacts for Gmail®のように、Googleアプリ内で可能なことを向上させるのに役立つこれらの製品を特に気に入っています。 そのため、今回は、Gmailの中からパーソナライズされたメールをデザインして送信できるプラグイン「Flashissue」を紹介したいと思います。 メールを一括送信するためのツールです。 この機能は、しばしばメールマージと呼ばれます。 Flashissueは、自分の得意分野に集中しながらも、それを大規模に多くの人々にプロフェッショナルに販売することを可能にします。...

ブログ記事Googleコンタクトの「委任」機能とGmail®の共有コンタクトの比較

Google Workspaceソリューションが世界中の企業にもたらす主な貢献は、その効率性の高さである。 30年前、世界の反対側にいる同僚とリアルタイムで仕事をすることを想像できるだろうか? 人々はタイプライターとカーボン紙を使い、郵便で書類を送る。 返答には数週間、1カ月はかかるだろう。 今、生産性、技術開発、可能性は非常に高まっており、グーグルはその主要なツールのひとつである。 そしてこれは、リモートコラボレーションツールを「クールなもの」からビジネスクリティカルなものへと変えた世界的大流行を考慮に入れてもいない。 Zoom、Slack、Google(そしておそらくOffice365も)がなかったら、私たちは今頃どうなっていただろう? 言うまでもなく、こうした動きはSaaSサービスととらえどころのない「クラウド」によって促進されている。 情報がサイロ化され、紙とペン、あるいは各人の頭の中にあるのではなく、データはクラウドに移行し、組織全体の誰もがアクセスし、共有できるようになっている。 アクセスしやすく、共有できる。 そうはいかない。 これがグーグル・ツールの一般的なパラダイムだが、一つだけ共有するにはかなり厄介なものがある:グーグル連絡先だ。...