#連絡先共有

企業会計を強化する5つのステップ

経営者として、また管理者として、会計のための優れたシステムを維持することは、多くの余分なセキュリティをもたらします。 つまり、利益がどのように推移しているのか、どの経費が最も必要なのか、何をいつ支払う必要があるのかを知ることは、経営の重要な要素です。 そうすることで、財務状況を把握し、会社を成長させ続けるために何を実行すべきかを考えることができるようになるのです。 将来的には、このデータをもとに、新たな戦略やプロジェクトを展開することも可能です。 しかし、多くの場合、経営者はマルチタスクであり、会計のようなものを整理する時間はほとんどないのです。 また、部門ごとにお金の悩みを別のチームに転送しなければならない場合、データの紛失やファイルの取りこぼしなどが発生し、支払い遅延や罰金などのお金の悩みの原因になります。 ですから、会計の優先順位が何なのかを理解し、テクノロジーを使ってデジタルで効率的なシステムを作り、会社での主なニーズを満たすことが重要なのです。 なぜ中小企業には会計システムが必要なのか? 例えば、あなたの会社が成長し、クライアントにサービスを提供するために新たな人材を下請けに出す必要があるとします。 簿記はどのように彼らの支払いを果たすことができますか? 請求書を期限内に受け取り、支払い、必要な道具を購入し、支払うべき税金を支払う準備はできているか。 あるいは、例えば、あなたの会社が物流と並行して仕事をしていて、トラックドライバーに車両の更新を要求している場合。 メンテナンスサービスの領収書はどこに送るのでしょうか?...

連絡先を共有することは安全ですか?

連絡先の共有は、安全な経路で、信頼できる個人と行うのが安全です。 そうでなければ、大惨事になりかねません。 連絡先リストへの不正アクセスは、フィッシング行為につながり、より多くの詐欺の窓口を開く可能性があります。 また、競合他社に知られたくない広範な顧客リストを持っている場合もあります。 したがって、連絡先を共有する際には注意が必要です。 連絡先を安全に共有するにはどうしたらよいですか? Shared Contacts for Gmail®は、簡単かつ安全に連絡先を共有することができます。 Googleドキュメントを共有するように連絡先を共有できるアプリで、アクセス権の設定が必要です。 そのため、閲覧のみ、編集可、削除可、再共有可など、相手が自分の連絡先でできることを選択することができます。 しかも、GDPRやCCPAに対応したソフトウェアです。...

コンタクトシェアリングとは何か、なぜ重要なのか

どのような組織で働く場合でも、生産性の最も重要な要素の1つは知識の共有です。 今日、私たちが仕事をしている多くの知識は、私たちがビジネスをしている人脈を中心に構築されています。 つまり、ビジネスとは人であり、人脈は仕事で共有する知識の主成分なのです。 情報を集約することで、チームはより良い成果を上げることができます。 より多くの情報にアクセスすることで、従業員のパフォーマンスを向上させることができます。 ナレッジシェアの恩恵を十分に受けるためには、データの共有を可能にし、このプロセスの自動化を支援するツールを提供することが必要です。 一見すると、コンタクトシェアリングは簡単にできそうな気がします。 同僚に連絡先をメッセージで伝えるだけでOKなんです。 確かに1人や2人の人脈なら簡単ですが、数人の人脈をどうやって共有するのか、また長年かけて集めた人脈に関する豊富な知識をどうやって共有すればいいのか。 そこで活躍するのが、組織の業務効率化を支援するアプリケーションだ。 Gmailの共有連絡先はその一例で、同僚間で共通の連絡先リポジトリを作成することで、連絡先の共有を容易にし、基本的にはGoogleドキュメントやスプレッドシート(スプレッドシートファンのために)を共有するのと同じ方法で連絡先を組織で共有できるようにする。 このブログでは、従業員同士が連絡先を簡単に共有できるようにする理由と、連絡先の共有を促進するツールをチームや組織全体で効率的に提供することが非常に重要である理由について詳しく説明します。 チームメンバーの時間を節約する...

ネットワーキングを成功させるための強力なツール

ネットワークは、ビジネスだけでなく、私たちの生活の中で最も重要な慣習の一つとなっています。 組織や自分にとって重要な人との関係を維持し、人脈を構築するためには、常に他の人とコミュニケーションを取り、人脈を広げる必要があります。 そして、このエンゲージメントは、オフラインの世界だけを見ているわけではありません。 特に、Facebook、Google+、Twitter、Linkedinなどのソーシャルネットワークが台頭してきたことで、その傾向が顕著になっています。 デレク・コバーンはファイナンシャル・アドバイザーであり、1998年から経営に携わり成功を収めている。 コバーン氏は、自身のウェブサイトに、「あまり伝統的でないネットワーク戦略を使い始めた」と書いています。この戦略には、彼の最高の顧客とそのトップアドバイザーで構成される「非公式なネットワーク・グループを作ることも含まれていました」彼の収入を3倍にし、彼のビジネスと彼の人生の質を向上させました。 従来のネットワーキングはもう通用しない…。 コバーン氏は著書の中で、「従来のネットワーキングはもう通用しない」と説いている。 21世紀の成功したビジネスパーソンにとって、大規模なネットワークイベントとそこから生まれる名刺の山は、時間と貴重な資源の無駄遣いになっています。 ネットワーキングは、直接顔を合わせることなく、さまざまなソーシャルメディアネットワークで行われることが多くなっています。 (2020年のコメント – 世界的なパンデミックにより、私たちは皆、コンピュータの画面に釘付けになり、家で孤立してしまったのでなおさらです)。...

ブログ記事Googleコンタクトの「委任」機能とGmail®の共有コンタクトの比較

Google Workspaceソリューションが世界中の企業にもたらす主な貢献は、その効率性の高さである。 30年前、世界の反対側にいる同僚とリアルタイムで仕事をすることを想像できるだろうか? 人々はタイプライターとカーボン紙を使い、郵便で書類を送る。 返答には数週間、1カ月はかかるだろう。 今、生産性、技術開発、可能性は非常に高まっており、グーグルはその主要なツールのひとつである。 そしてこれは、リモートコラボレーションツールを「クールなもの」からビジネスクリティカルなものへと変えた世界的大流行を考慮に入れてもいない。 Zoom、Slack、Google(そしておそらくOffice365も)がなかったら、私たちは今頃どうなっていただろう? 言うまでもなく、こうした動きはSaaSサービスととらえどころのない「クラウド」によって促進されている。 情報がサイロ化され、紙とペン、あるいは各人の頭の中にあるのではなく、データはクラウドに移行し、組織全体の誰もがアクセスし、共有できるようになっている。 アクセスしやすく、共有できる。 そうはいかない。 これがグーグル・ツールの一般的なパラダイムだが、一つだけ共有するにはかなり厄介なものがある:グーグル連絡先だ。...

Google Workspace for Educationでの連絡先管理

学校・教育機関の連絡先をすべて管理するのは大変な作業です。 メール広告や電話番号など、学生の連絡先が最新であることを確認する必要があります。 生徒だけでなく、その保護者のデータベースもありますけどね。 さらに、全教職員、その他のステークホルダーも同様です。 K12の学校、大学、学区、クラブなど、教育機関では、物事を円滑に進めるために、教師、講師、スタッフが手作業の時間を節約し、仕事の最も重要な側面である教育に集中できるよう、適切な連絡先管理ソリューションを検討する必要があります。 どうしたらいいのかわからないという方は、ぜひご相談ください。 Google Workspace for Educationの連絡先管理に関するよくある問題と、その解決方法について説明します。 K12、学区、大学などの教育機関に共通する課題 連絡先のデータベースが一元化されていないため、情報が失われる Google...