#さいぜんのそち

コンタクトマネジメントの10のベストプラクティス

連絡先管理は、ビジネス上の連絡先を整理するものです。 生産性を高め、より良い顧客インサイトを得るための重要なツールです。 また、一元化されたディレクトリは、よりスムーズなコラボレーションとより良いコミュニケーションのために役立ちます。 コンタクトマネジメントのベストプラクティスを知ることは、テクノロジーを効果的に活用し、リソースをより効率的に活用する道を開くことにつながります。 連絡先管理が適切に行われていないと、ワークフローは大きく乱れます。 あるコンタクトがセールスのパイプラインのどこにいるのかを特定するのは難しいでしょう。 さらに、顧客の受信トレイに冗長なマーケティング資料を送りつけている可能性もある。 このようなトラブルを回避するために、連絡先管理のコツを実践してみましょう。 1.適切な連絡先管理アプリを選ぶ 連絡先管理アプリはどれも同じというわけではありません。 より多くの機能を提供するものもあります。 より多くのメッセージングチャネルと統合するものもあります。 いずれにせよ、自社の基準を示すチェックリストがあれば、アプリが自社の要求を満たすかどうかを検証するのに役立つだろう。...

コンタクトデータ保全のためのベストプラクティス

オフィスの整理整頓は、ビジネスの質を反映するものです。 清潔で整然とした職場は、従業員の士気も高まります。 ファイルやデータに関しても同じことが言えます。 データハイジーンを実践することには、メリットがあります。 コンタクトデータハイジーンとは? 連絡先データの衛生管理とは、連絡先データベースの冗長性、分類ミス、無関係な情報を排除して維持するプロセスです。 汚れたデータは、不健全なデータ入力手順の産物である。 このForbesの記事によると、データの品質が悪いと、年間平均1,500万ドルの損失が発生するそうです。 これには、古い電子メールに連絡を取るために費やされた時間や、不完全なデータに対する不手際が含まれるかもしれません。 データをきれいに保つというのは、簡単なことのように聞こえるかもしれません。 しかし、大規模な顧客基盤を持ち、複数の担当者がデータベースを扱うことは困難です。 連絡先データの衛生管理のベストプラクティスをいくつか学べば、努力に見合った結果が得られることがおわかりいただけるでしょう。 コンタクトデータ品質システムの確立...